「小規模高齢者ホームシニアーズハウス久我山」は
一軒家を改修した、定員8名の本当に家庭的な有料老人ホームです。
認知症の方、家族での介護が困難になってしまった方、
お一人での暮らしが不安な方などがご入居されています。

入居者様とスタッフが家族のように
いつも笑顔が耐えない生活の場です
入居相談などの問い合わせは
随時受け付けていますのでお気軽にどうぞ


入居者募集中です
認知症対応小規模高齢者ホーム シニアーズハウス久我山


にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアーズハウス久我山♪

杉並区の閑静な住宅街の中ある普通のお家
9年もあるのにひっそりとしすぎたのか
知られてない現実にあわててブログ再開
シニアーズハウス久我山ってどんな所?聞かれる度に
アットホームな感じですって抽象的な言葉しか見つけられず
上手に伝えられずにいたけど
ブログに日々何気ないささやかな出来事・喜怒哀楽を綴れば
シニアーズハウス久我山にしかないコトを見つけられて
伝えられるかなァって9年目にして「初心忘れなかれ」
シニアーズハウス久我山にはとびきり素敵で個性豊かな
ご利用者さん&スタッフが毎日なんだかんだと
一緒に日々を過ごしています。
誰にでもあるあたり前の日常って本当は贅沢なんだなァ
と、9年を振り返ってしみじみ。
シニアーズハウス第1号のご利用者さんとスタッフ
9年で悲しいお別れもいくつかあったけど
9年の月日を同じ顔で過ごせるって凄いよなァ
本当に感謝の気もちでいっぱいなのです。
シニアーズハウス久我山の自慢とは
「同じ顔かいつもある」ってコト
9年を節目に改めて日々精進しつつ
シニアーズハウス久我山の日々を大切に頑張っていきますので
これからもどうぞよろしくお願い致します

↓入居者募集中です。ホームページはこちらから↓
認知症対応小規模高齢者ホーム シニアーズハウス久我山







スポンサーサイト

あっという間の5日間

Mさんご夫妻がいらっしゃってから
あっと言う間に5日目の朝になってしまいました

今日はお二人が帰る日です

まずはお父さんを病院にお送りしました

当初は帰る時に奥様と別々になってしまうので
不穏になるかなぁと心配していたのですが

車に乗って走り出したら
もうすっかりお忘れになっていました

日を追う毎に施設でも発言が多くなってきたS男さんでしたが
病院へ付くと全く会話がなくなってしまいます

S男さんの病室へ行き
看護士さんに5日間の生活状況の報告や記録を渡しているとき
その看護士さんが「S男さん寝ましょうか」

・・・・・・・・・・・

まだ午前10時過ぎです
うちの施設では午前中のレクをしていた時間です
S男さんは楽しそうに歌を歌ったり、折り紙を折ったり
利用者さんや職員と楽しそうに会話をしていた時間なのに・・・

思わず「えっ?」と言ってしまいました

看護士さんは慌てたように
「じゃあお茶でも飲みに行きましょうか」と
ソソクサ談話室に行ってしまいました

そう言えば情報提供書に昼夜逆転と書いてあったなと思い出して
そりゃなるよと思ってしまいました

次にお母さんのお送りです

こちらもご主人とのことはなかったかのように
全く覚えていらっしゃらず
車内ではずっと自宅の飲食店のお話

自宅近くになると運転していた私に
道を教えてくれます

そして到着
その瞬間、あんなに穏やかな顔をしていた
S江さんの顔つきががらっと変わり
とても険しい表情になったので驚きました

荷物を家の中に運んでいるときも
すでに僕の顔は忘れていて
あなた誰なのと言う顔で睨まれてしまいました

とにもかくにも、無事お二人をお送り出来てほっと一息

この日からまだ帰宅までに日数のある
K子さんとの物語が始まりました

※この時点では過去にさかのぼって書いています

テーマ : 老人ホーム
ジャンル : 福祉・ボランティア

Mさんご夫婦とK子さん

先日短期入居された3名さま
Mさんご夫妻は初日こそ緊張していたものの
2日目には随分となれてきて落ち着いていらっしゃいます

お父さんの方は自ら会話する事無くみんなの話を聞いてニコニコ
お母さんのS江さんは歌を歌ったり、ゲームをしたりと
毎日楽しそうに過ごされています

一方K子さん
ずっと話をしていないと気が済みません
1日中途切れる事無くお話されています
認知症の方ですから話の内容はずっと同じです

スタッフが3分その場を離れただけで
追いかけてきて話を続けます

3日目ぐらいだったでしょうか
あまりに途切れる事無く話しているので
物静かなS江さんが
「せっかく主人と穏やかに過ごしているのにあなたがうるさくて台無しよ!」と
K子さんにキレてしまいました

流石にK子さんはびっくりしたようで
5分ほどは静かでしたよ
10分後には2人仲良くお話されていました

テーマ : 老人ホーム
ジャンル : 福祉・ボランティア

今日から3名様です

いよいよ初めてのご利用者様のご利用当日です
3名いらっしゃいますが
まずはご夫婦で利用されるMさん夫妻からお迎え
お二人とも少し認知症でいらっしゃいます

お父さんは病院、お母さんはご自宅にいらっしゃるので
まずはお父さんからお迎え

約束の時間の午前9時に伺うと
まだS男さんは寝巻きのままで談話室にいらっしゃいました

看護士さんに促され、着替えのためにお部屋へ
10分程度で準備がおわり いざ出発!

とても穏やかな方で、口数も少なかったのですが
仕事の話に触れたとたんに物凄い勢いで話始めました
楽しく会話も進み10分ほどで到着
職員に促されてリビングへ

S男さんの後はお母さんのS江さんをお迎えです
お迎えに行くと準備万端にされていたので
娘さんと少しお話をしてすぐに出発です

S江さんも、とても物静かな方で
車内では職員の問いかけに「はい」「そうですね」と
微笑みながらお返事をされる程度でした

ホームに到着
リビングにて久しぶりのご夫婦再会で
お二人ともニコニコされていました

そして最後はばっちり認知症のK子さんのお迎え

お昼近くになってしまい
伺った時はちょうど昼食を食べようとしていた所でした
「お待ちしていますよ」と言ったのですが
娘さんが「食事はそちらでお願いします」との事

荷造りもばっちりされていたのですぐに出発!

K子さんはどうやらデイサービスに行って来てと言われてきたらしく
(ちなみにデイには行った事がないそうです)

「いつもの道と違うみたいね?」
「この前ご一緒した方達には本当にお世話になって」
「人が大勢いて楽しいところだわ」等と
約20分の道程を途切れる事無くずっと話をされていました

到着すると中の様子がさっきと違う・・・

どうやら、お父さんのS男さんは
「伊豆へ旅行へ行く」と娘さんに言われて来たみたいで

私たちがお迎えに行っている間
「どうしてあいつは俺に嘘を付くんだ!!!!!」と
激怒していたようです

K子さんが合流した後は
伊豆の話はすっかり忘れてしまったようで
3名の利用者様とスタッフで楽しく会話をしていました

とにかくお迎えは無事に終了です

↓ポチッとお願いしまーす
a_01.gif


テーマ : 老人ホーム
ジャンル : 福祉・ボランティア

祝!初の利用者さん決定

12月某日
短期利用ですがやっと決まりましたよ

しかも同じ日から3名

まず2名はご夫婦です
ご主人が入院中
たまには夫婦で過させたいとの娘さんの希望で
5日間利用です

もう一方はアルツハイマーの女性で
2週間のご利用です

やっとスタート出来ますよ
頑張らねば!!!

↓ポチッとお願いしまーす
a_01.gif

テーマ : 老人ホーム
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

chie

Author:chie
初めまして。
このブログは東京都杉並区にある小さな高齢者ホーム。日々の様子などを綴っていきます。
「見学をしたい」「入居を検討している」など御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。